西八上自治会

12.西八上自治会

 

 

若い人達との共生をめざして
 
 
西八上自治会長 志儀 正己  
 
 

 西八上集落は、高城山を東にみて殿町、八上下、糯ケ坪、小多田の各集落と隣接する位置にあり国道372号が走っております。

 
 地名の起こりは360年ほど昔、江戸期の承応・明暦年間に八上下村から分村して西八上村が成立し、明治22年以降は現在の大字名となりました。

 稲荷神社が祀られています。元禄14年2月に創立され、祭祀を奉る先人からの長い歴史が伝承されております。

 
 秋の例祭の餅撒きは、老若男女の集いのもと声高に叫ぶざわめきの中で最高に盛り上がる行事となっております。祭神のご加護のお餅を拾い無病息災を願ってそれを食する風習が受け継がれているようです。

 
 現在は30戸91名です。以前はご多聞にもれず少子高齢者の集落でしたが、近年は親元を離れて生活していたご子息達が家族一緒にUターンしての生活。新しい宅地に若者ファミリーが新築で生活。子供や若者の人数が大幅に増え集落に活気が甦ってきました。

 
 若い人達の組織「つくし会」が15年前に結成され、親睦、地域との繋がり、コミュニケーションを目的に活動をしております。

 
 集落内の溜池、道路等の法面草刈り、農道補修を率先して実行し、住民から厚い信頼と感謝を得ているところです。
 

 また、4回目となる夏まつりのバーベキュー会については、準備から料理が出来上がるまでを担当すると共に憩いの場の設営に奮闘し、奥様方の協力も得て盛大に催され、食べて、飲んで、談笑する楽しい一時を過ごしました。

 
 これからも若い人達との共生をめざして、より良い自治会となるように願っています。


 

 
 

 


■西八上公民館
 

■稲荷神社1



■稲荷神社2