第3回 親と子の考古学体験学習

第3回 親と子の考古学体験学習
~土器を作ろう~

 平成25年6月15日(土)、高城会館において、親と子の考古学体験学習として、今回は、一昨年の「勾玉作り」、昨年の「火おこし」に続き、「土器を作ろう」という模擬体験をしました。この体験を通して、古代の人の技術を勉強しました。

   この土器づくりでは、「県立考古学博物館」(播磨町)でボランティアをされている方々にご指導いただきました。


ご指導いただいきありがとうございました。
      

      
〇子供たちは一生懸命に取り組んでいました。


〇完成した土器 
 乾燥させた後、10月頃土器焼きの予定です。また、八上小学校140周年記念式典にて展示予定。