第2回 八上ふるさと塾を開催します



 第2回 八上ふるさと塾を開催のお知らせ

1.開催日時:平成24年1月29日(日) 
         13:30~15:30(受付開始:13:00~)

2.開催場所:高城会館 2階大会議室(篠山市糯ケ坪83番地1)

3.発表テーマ:「八上城下、八上上、内、下の街道集落を考える」  

    -地籍図「八上上村・内村」明治6年を読み解く-       

4.発表者 篠山市教育委員会社会教育・文化財課
        
係長(篠山歴史美術館)村上由樹氏
        八上上・八上内・八上下各自治会より

5.参加対象者 歴史に興味をお持ちの方
  参加費:200円(資料代)

6.主催者:八上校区まちづくり協議会(地域おこし部)

7.お問い合わせ:電話(079)-552-4857(池田)

発表テーマのねらい

   八上城下の八上上・内・下の街道集落は、戦国時代の天正~慶長年間(1582~1610)八上城の城下であった。慶長14年(1607)、篠山城の築城に伴い、町屋は慶長15年、新城下に移転した。その後、江戸時代には京街道に沿った集落として発展し、現在にいたっている。

    篠山歴史美術館には、明治6年作成の地籍図「八上上村」・「八上内村」各1副が保存されている。この地籍図を眺めながら、各集落の知識人に、街道と民家に残された記憶(伝承等)を語っていただく。そして、ふるさと塾参加者との、質疑応答を交えて、かつての街道集落を復元する。