新年のごあいさつ

新年のごあいさつ
八上校区まちづくり協議会
会長 池田 正男

八上校区の皆様、新年明けましておめでとうございます。
 平素は八上校区まちづくり協議会の事業並びに運営につきまして、格別のご支援、ご協力を賜り、心から感謝と御礼を申し上げます。

 平成27年3月、八上小学校の木造校舎が、地域のシンボルとして兵庫県の「景観形成重要建造物」に指定され、校区の大きなニュースとなりました。

 校舎は、戦時中の昭和12年、6万円という高額な建設費を村民も出し、次世代を担う児童の育成を願い、建てられました。

 現在、小学校は教育の場と共に、「ふれあい夏祭り」「敬老会」「親睦運動会」「文化祭」などイベントの場として活用され、そこに校区の皆さまが集い、語らい、慈しみ、励まし合うことで、人と人との絆が生まれると思います。
 
 少子高齢化が進み、近所付き合いも希薄となりつつある現状の中で、平成28年は『価値ある木造校舎』を舞台に、イベントをとおして、一人ひとりが結び合う「まとまりのある社会」を創り出していきたいと思います。

 
 どうぞ、本年も役員一同まちづくりの目標である「活気と潤いに満ちた八上の創造」に取り組んでまいります。

 つきましてはご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

 校区の皆さまのご健康とご多幸を祈念いたします。