平成27年度会長挨拶

  活気と潤いに満ちた八上の創造に向かって


八上校区まちづくり協議会
 会長  池田 正男


 
 青田をわたる風もさわやかに感じられる今日、八上校区の皆さまにおかれましては、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。平素は、八上校区まちづくり協議会(以下まち協と略)の事業活動に、格別のご支援とご協力を賜り厚く感謝を申しあげます。

 5月10日(土)平成27年度定期総会を、高城会館に於いて90名の構成員の参加を得て、開催しました。波々伯部保氏を議長に選出し、平成26年度事業と一般会計収支決算等の報告、平成27年度新役員の選出、そして事業計画案、一般会計の予算案が議案として図られ、慎重審議の結果賛成多数により承認されました。1年間皆さまのご支援の下、全力をあげてまち協の活動に取り組んで参ります。

 さて、26年度に篠山市の「地区まちづくり推進条例」に基づく『まちづくり計画策定事業』に取り組み、『八上校区まちづくり計画書』を作成しました。

 この事業の目的は、八上地区の将来ビジョンを明確にして、それを達成するための具体的な計画案を策定することです。

 そこで、「活気と潤いに満ちた八上の創造」を目標として、八上校区の皆さまのいのちを守る、健康づくり、共に生きる、郷土を愛する、出会いを育む5つの個別計画を立て、まちづくりの基本方針としました。

 平成27年度は、5つのまちづくりに沿った具体的な下記の活動計画(短期計画)を実施していきます。

   一.いのちを守る 「安全・安心なまちづくり」

   二.健康づくり 「健康と福祉のまちづくり」

   三.共に生きる 「心のふれあうまちづくり」

   四.郷土を愛する 「郷土を愛するまちづくり」

   五.出会いを育む 「出会いをとおしてまちづくり」


 
平成27年5月10日(日) 高城会館