地域コミュニティと心豊かな文化の発展

高城会館館長 坂本 雅美

 この度、高城会館の館長という大任を賜りました坂本雅美でございます。もとより力はございませんが皆様方のご指導を得ながら一生懸命務めさせていただきますので宜しくご協力お願い申し上げます。  さて、3月11日に発生しました東日本大震災及び津波で被災された方々の様子を連日テレビで拝見いたしました。

 避難所では、被災された人たちが、お互いに助け合いながら協力し合い頑張っておられますし、又、被災地域は、家族や友人を亡くされ、とても大きなショックを受けられた方々に対し、音楽等による心のケアの手助けをするなど、一日も早く元気を取り戻されるように励まし合っておられます。

 このような状況を見ますと、いかに常日頃、地域のコミュニティと、心を豊かにする文化の発展が大切であるかということを再認識させられました。

 まさに高城会館は八上校区のコミュニティと文化の発信基地であり、その役割は大変重要なものであると思います。

 波多野前館長をはじめ、先輩諸氏のご指導のもと、この校区の発展に皆様方と共に、明日の地域拠点施設、高城会館を築くことが私の使命と感じています。