なつかしの「昔八上」を訪ねて・・・第三信

  なつかしの「昔八上」を訪ねて・・・第三信
糯ケ坪自治会長 大森 作之

 今は昔、現在の神姫バス篠山営業所や中島の坪の新興住宅地がある京口橋南詰の広大な土地に「篠山観光ヘルスセンター」と云う温泉観光施設がありました。大きな産業の無かった篠山で、「観光都篠山の建設」をスローガンに、当時ブームに成りつつあった総合観光娯楽施設が建設されました。昭和3710月1日にオープンをして、38年度中では、来場者数1617万人(1 500人)の大盛況を呈しました。

 敷地面積は13,000坪もあり、収容可能人数2,000名の豪華な施設でした。ラジウム温泉の大浴場が二つ、牛乳風呂・香水風呂・ネオン風呂にボーリング場・食堂名店街・演劇や歌謡ショウもありました。庭園には池があり、池の中島には動物園が開設され、象・虎・チンパンジー・カンガルーから猪・狸・フラミンゴ・孔雀・インコ等までおりました。

 こうして開場後しばらくは大繁盛が続きましたが、あにはからんや急遽経営者トップ以下が篠山町の公金を流用していたことが発覚し、昭和39525日に多額負債を抱え閉鎖をしました。その後しばらくは「篠山温泉」として更生を試みましたが、これも間もなく行き詰まりました。

 僅か18ヶ月のあっという間で、「真夏の夜の夢」の様な半世紀前の出来事でした。大きな禍根を残しながら閉鎖をしましたが、その年の10月には、東京オリンピックが華々しく開幕されました。


篠山観光ヘルスセンター正面


ヘルスセンター全景・篠山川北側から